「九浅一深が女性をいちばん感じさせる」って本当?

古来、いい伝えられてきたピストン法に 「九浅一深法」がある。挿入後は、九回は浅く突き、一回だけ深く突くと、女性を大いによろこばせることができるというのである。

だが、現実には、この方法にほとんど効果はない。「九浅一深」で動かせば、それで満足させられるほど、女体は禅純にできていない。女性は、セックスの快感をピストン運動だけで得るわけではない。愛撫や雰囲気、さらには言葉も重要になる。ビストン法よりも、むしろ女性がうっとりするような言葉をささやいたり、指先でクリトリスを丁寧に愛撫したりするほうが、はるかに重要といえる。

コメントを残す