「年をとると上つきになる」って本当?

女性の性器は「上つき」「下つき」と分類される。膣口が尿道口近くにあれば「上つき」、逆に肛門近くにあれば「下つき」で、古来「上つきは名器」とされてきた。

ただ、女性は、ほとんど全員、年齢を重ねるとともに、上つき気味になってくる。それは、老化現象のためである。

女性のヒップは加齢とともに垂れ下がっていき、すると膣口がしぜんと前に押し出され、上つき気味になってくるというわけだ。

コメントを残す