セックスしないと、精液が黄色くなってくるのは?

しばらく射精しないでいると、精液が黄色っぽくなってくるものだ。

精液が黄色くなる理由は、精液の成分構成にある。一回の射精で放出される精液量は約三ミリリットル。そのうち、ーミリリットルは乳白色の液体で、精液が白いのはこのためだ。残りニミリリットルはゼラチン状の物質で、それは体内に一定期間以上とどまっていると、濃度が濃くなり、黄色くなってくるのだ。それが、精液が黄色くなる原因だ。

そのゼラチン状の物質は、精子が受精するうえで、重要な役割を果している。

かりに、精液が液体だけで構成されていると、膣内に放出されたとき、すぐ外に流れ出してしまい、精子が卵子にたどりつく確率は低くなる。ゼラチン状の物質も含んでいることで、精液は女性の体内にとどまりやすくなり、受精の可能性が高まるといわけだ。

コメントを残す