女性のアソコの味が変わる理由は?

女性のアソコの味は、排卵日の直前に大きく変化する。

女性は排卵日が近づくと、血液中の卵胞ホルモンが増え、膣内にグリコーゲンが多くなる。グリコーゲンは糖原質とも呼ばれ、糖分のもとになる物質。したがって、この時期には、アソコの味が甘くなる女性が少なくない。

ところが、膣内にはデーデルライン桿菌という細菌が存在し、その菌がグリコーゲンを乳酸菌に分解する。その乳酸菌は、雑菌が膣内に侵入、繁殖するのを防ぐという需要な役割を果たしている。

つまり、排卵日近くの女性のアソコが「やや甘い」と感じられたら、膣内の乳酸菌の量が不足しているということで、「やや酸っばい」と感じられたら、乳酸菌の量が適度だということだ。

コメントを残す