女性の男の好みは、周期によって変化する?

二0代の女性たちによると、いわゆるカッコイイ男は、二つのタイプに大別されるようた。トム•クルーズ型とジョージ•クルーニー型である。

トムは可愛らしい男の代表、ジョージは男らしい男の代表というわけだが、では、女性は、トム派とジョージ派の二派に分かれるのかというと、そうではない。一人の女性の中に「トム派な私」と「ジョ—ジ派な私」がひそんでいて、それが生理の周期によって入れ替わる、というのが真実らしいのだ。

イギリスのセント•アンドリュース大学と東大の共同研究によれば、女性は、排卵前後の期間には、ジョージ型が好きになり、ノーマルな状態ではトム型になるというデータが得られた。単純に解釈すれば、排卵期で気持ちがイライラしたり、高ぶっている時は、男らしい男にハードに攻められたいということなのだろうか。

さらに、イギリスのチームが、その場限りの相手にはどちらを選ぶかを調査したところ、压倒的にジョージ派という結果が出たという。この場合もまた、排卵期には、特にそういう気分になるということだった。

やはり、ストロングなセツクスを想像させるジョージ•クルーニーは、火遊びの相手にはもってこいというイメージを抱かせるのかもしれない。

コメントを残す