日本女性に下つきが多いといわれるのは?

日本女性とも白人女性ともつきあってきた男性によると、「日本女性には下つきが多い」という。一方、「白人女性には上つきが多い」と証言する。しかし、性医学者によると、日本人も外国人もその位置に大差はなく、両者とも「中つき」だという。

結論からいうと、両者とも正しいということになる。女性器の位置に大差はないのだが、実際にセックスをしてみると、日本女性は下つきに感じ、白人女性は上つきに感じるのだ。

そうなる理由は、ヒップの形に理由がある。白人女胜の場合、ヒップが後方に突き出しているので、仰向けに寝たとき、ヒップの厚みの分、膣が前に出て上を向く。それが、上つきに感じられるわけだ。

一方、日本女性のヒップは扁平に近いので、膣は下方に隠れ、下つきに感じられるというわけだ。

コメントを残す