江戸時代の名器のランキングは?

江戸時代のその道の書物によれば、名器のランキングは以下の通りだったという。高、まめ、蛤、蛸、雷、洗濯板、巾着、ひろ、下。

一番人気の「高」は、いわゆる上つき。二番人気の「まめ」は、クリトリスが発達していて敏感な女性。三番目の「蛤」は、パタッと食いつく締まりのよい女陰。四番目の「蛸」は、ペニスを奥の方まで吸い込む女陰を指す。

五番目の「雷」は、抜き差しのたびに音の出る女陰。六番目の「洗濯板」は、天井がざらついている女陰。七番目の「巾着」は、ペニスを深く挿入すると締まり、ベニスの根元を締めつける女陰。八番目の「ひろ」は、広くて、ゆるい女陰。九番目の「下」は、一位の「上」の反対で下つきのことだった。

コメントを残す