男は、なぜ「制服」が好きなのか?

女子高生、フライトアテンダント、看護師など、男は、制服姿の女性が、なぜか好きである。女性が、警察官や警備員、そろいの作業服の工員さんなどにトキメキを覚えるという話は、あまり聞いたことがない。なぜ、男性は制服姿の女性にひかれるのか?「男性の性欲中枢は女性の二倍も大きく、そのため性に関する妄想がたくましい」というのは、京大名誉教授の大島清博士。男の制服への興味は、一種のフェティシズムで、これは男性の妄想のなせる業というわけである。 では、なぜ、制服がフェティシズムの対象になるのか。

「女性の制服は、大人や管理する側が、女性を中性化しようとして作った。たとえば、セーラー服には、成熟した身体を未熟であるように見せる機能があり、だからこそ男性は想像力をかきたてられる」というのは、精神分析の権威、小田晋博士。ふたつの説を総合すると、「男性は女性より二倍ェッチである。エッチな男は、本性が隠されれば隠されるほど、その本性を 暴きたくなる。ゆえに、制服にそそられる」ということになりそう。

コメントを残す