男性の「がまん汁」には、どんな意味がある?

男性は、セックスやオナニーによって性的興啻が高まると、ベニスの先端から透明でネパネパとした液保がしみだしてくる。近年、それは「がまん汁」と俗称されているが、医学的には「カウバー腺液」と呼ば れている。

この液は、前立腺の下にあるカウパー腺から分泌され、その目的は尿道の滑りをよくすることにある。つまり、カウパー腺液は、射精時に精液・精子がすんなり通過できるように、通路の滑りをよくし、精液が勢いよく発射されるのに、一役買っているというわけだ。また、カウパー腺液で亀頭の先端が濡れると、膣への揷入がスムーズになるという効果もある。

さらに、カウパー腺液には、精子をガードするという役割もある。

女性の膣内はふだん精子が苦手とする酸性状態になっている。そこで、アルカリ性のカウバー腺液が、まず膣内に入って中和しておくのである。

コメントを残す