男性ホルモンを飲むと、精力が弱くなるのは?

男性ホルモンの働きが高まれば、精子をつくる機能が増強される。とはいえ、それは男性ホルモンを自分でつくり出したときの話。
男性ホルモンを外部から摂取して、体内の男性ホルモンを増やしたところで、長期的にはいい結果につながらない。一時的に強くはなっても、長い目でみると、男性ホルモンを自力でつくる機能を衰えさせることになるからだ。

体内の男性ホルモン量は、性腺刺激ホルモンの分泌量によってコントロールされている。そこに、外部から男性ホルモンを摂取すると、脳は男性ホルモンが十分にある状態と判断し、性腺刺激ホルモンの分泌を抑えてしまう。そのような状態が続くと、男性ホルモン生産機能が低下しはじめ、最終的には、男性ホルモンを外部から摂取しなければ、男性としての機能が維持できなくなる恐れさえある。

コメントを残す