風呂上がりの女性の体がより敏感になるのは?

風呂上がりの女体は、より感じやすい状態になる。

若い女性を被験者にして、「二点弁別法」という感覚能力を調べる実験が行われた。先端が銳くとがったコンパスを少し開いて肌に当て、その触感を二点と感じるか一点と感じるかという実験だ。コンパスの針先を広げていれば、誰でも二点と感じるが、幅を狭めていくと、ある幅以下は一点と感じるようになる。その限界値を探って感覚の能力を調べようという実験だ。

それによると、乳房は平常時には三二~四0ミリでしか二点弁別ができなかったが、入浴後には一二~一六ミリ。脇腹は、平常時二0~二四ミリのところが入浴後には五~八ミリとなった。つまり入浴後の女性の肌は、大幅に感度が増すことがわかったのだった。

コメントを残す